ニューヨークが巨大AR・VRラボ新設。市を挙げて技術開発に

2017.7.16 16:07 更新

読了時間:1分55秒

「今後大きな産業となる技術」NY市、VR/AR研究所を新設へ

米ニューヨーク市は先日、同市ブルックリン区ネイビー・ヤードにVRとARを専門にするラボを新設する計画を発表しました。本計画はNY市長であるBill de Blasioによって、ニューヨーク私立大学タンドン・スクール・オブ・エンジニアリングにてアナウンスされました。同市は現在、10,000の新たな雇用を中流階級の市民向けに創出する計画を進めており、本ラボも同計画の一つとして開発が進められています。

NYCに新設されるVR/ARラボとは

ラボの開設にあたってNew York City Economic Development CorporationとMayor’s Office of Media and Entertainmentにより約600万ドルの出資を受けており、Bill de Blasio市長は以下の声明を発表しています。

「ARとVRは今後大きな産業となる技術であり、ニューヨークはこれら新興技術における最先端の場所でありたい。(中略)同市を新興技術のハブ的存在にするために、研究開発に必要な場所、人材、研究機関に積極的に投資している」

開設に際してはニューヨーク私立大学リーマン校VR/AR教育アカデミーならびに開発ラボと提携しており、この計画によって数多くのVR/AR関連の雇用が行われる見通しです。

「「今後大きな産業となる技術」NY市、VR/AR研究所を新設へ」の続きを読む

getnews-logo


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ブーストマガジンについて
ページトップ