石野みどりさん

うつ経験の心理カウンセラーが教える燃え尽きないための方法

2017.5.22 17:07 更新

読了時間:2分51秒

カウンセラーが経験した“うつ” 「できることが当たり前」を捨てることが大事

新刊JP

石野みどりさん

自分の心は自分にしか分からないものだが、その一方で、自分にも分からないこともある。

身体は「もう無理をしないで!」とサインを発しているのに、その一方で無理をしてしまう自分もいる。それがひどくなると、うつという症状が出てくる。

心は1分で軽くなる!』(自由国民社刊)の著者であり、臨床心理カウンセラーの石野みどりさんもうつに悩んだ経験を持ち、その経験を活かしてスクールカウンセラーとして学生たちの心の闇に向き合っている。

今回、新刊JPは石野さんに五月病のメカニズムや、ご自身の経験に基づくうつからの脱し方、そして気を病まない物事の考え方についてお話をうかがった。

後編のテーマは「うつからの脱し方」「燃え尽きないための方法」だ。

(新刊JP編集部/金井元貴)

■「できることが当たり前」ではない。

――本書の「はじめに」で石野さんが軽いうつに悩まれていたということが書かれていました。具体的にそのときのお話をお伺いしたいのですが。

石野:あの頃、離婚をしたんです。それで一人で食べていかないといけないということで、カウンセリング関連の会社を立ち上げたんですね。それで一人で頑張って経営をしていたんだけど、離婚っていうトラブルですごくストレスがかかっていたところに、一人で会社を立ち上げちゃったから、もう大変なんですよ。

カウンセリング関連の会社を経営しているのに、自分は人のことを考えている余裕もないわけで、抱えている荷物が重すぎてついに倒れちゃったんです。

それで本当に何もできなくなってしまって、当時はマンガも読めないしテレビも見られない。まったく頭に入らないんですよ。それでパニックにもなる。マンガは読んでいてもストーリーがつながらない。朝起きても、ずっと寝ているような感じで外にも出られないという状況でした。

「カウンセラーが経験した“うつ” 「できることが当たり前」を捨てることが大事」の続きを読む

getnews-logo


関連記事

考えすぎは消耗するだけということが研究で判明

短い睡眠でもサッパリ目覚められる!? 眠りのゴールデンタイムとは

唾液で心身の疲労度をチェック
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ