クルマを動くオフィスに!! 車内で電源を確保する4つの方法

2017.8.27 16:07 更新

読了時間:2分45秒

クルマをオフィスに!車内で仕事をするための電源確保術、教えます

クルマをオフィス化するための電源確保術

クルマで好きな場所や景色の良い場所に移動しながらできれば、仕事だって遊び感覚でできるかも!?そんなノマドワークを実現するための電源確保術について考えてみた!

教えてくれた達人はこの人
稲垣正倫/ライター。国内外の各地を飛び回っており取材先・旅先でもデスクワークをこなすため、ソーラーシステムを車にDIY導入。

PCを動かす電気さえあれば仕事はどこでもできる!

クルマで仕事をすることの利点は、どこでも好きなところでできること。今の時代、PCがあれば、場所は関係なく進められる仕事も少なくない。ただ、出先でちょっとPCを開く程度ならともかく、毎日の仕事を車中でしようとすると、課題となるのが電源の確保だ。シガーソケットの電源にインバーターを装着する手もあるが、そのためにエンジンをかけっぱなしというのは良くない。

そこで、提案したいのが下記の4つの方法。容量の大きなポータブル電源は最も手軽な方法で、最近では選択肢もどんどん増えてきている。家庭用の100Vコンセントを搭載したクルマも種類は増えているが、できれば供給電力量が多いモデルを選びたい。ソーラーパネルも、近年は屋根だけでなくダッシュボードに置けるタイプなども登場している。いざとなれば、移動式のオフィスカーをレンタルするのもありだ。

大容量ポータブル電源を使う

クルマだけでなく、出かけた先で仕事をするのに大いに役立つのが大容量のポータブル電源。いわばモバイルバッテリーの大型版だが、近年大きく進化しており、多くの製品が登場している。例えばANKERの『PowerHouse』なら小型ノートPCを約15回フル充電可能だ。クルマメーカーのHondaも今夏に車中泊にも使える製品を発売予定。

【オススメ大容量ポータブル電源はコレ】


Anker
PowerHouse
実勢価格:4万9800円


ホンダ
LiB-AID E500
2017年夏発売予定


Suaoki
PS5B
実勢価格:4万2880円

「クルマをオフィスに!車内で仕事をするための電源確保術、教えます」の続きを読む

DIGIMONO!(デジモノ!)


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

リゾート地でテレワーク! 休み方改革を促進できるワーケーションとは?

2020.11.24 19:42

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

ページトップ