スタバは時代遅れ!? 今、アメリカの10代に最も人気のチェーン店とは

2017.7.22 16:07 更新

読了時間:2分53秒

アメリカの10代に人気のチェーン店、7年連続首位のスターバックスがとうとうトップを奪われる

BUSINESS INSIDER JAPANより抜粋:アメリカの10代のお気に入りチェーン店のトップが交代した。Piper Jaffray の調査によると、7年連続で首位を維持していたスターバックスに代わり、フライドチキンのチェーン店「チックフィレ(Chick-fil-a)」が1位を獲得したのだ。

スターバックスは2位となり、メキシカン・ファストフードのチポトレ(Chipotle)、バッファロー・ワイルド・ウィング(Buffalo Wild Wings)、パネラ(Panera)が続く。

チックフィレの台頭は、スターバックスのモバイルオーダーによる混雑の問題などが影響している可能性がある。スターバックスは、来客数が直近の四半期で2%減少し、その原因はモバイルオーダーにあるとした。

10代の消費調査で明らかになった重要な事実は下記の通り。

1. 10代の消費の大部分は食費が占める

ここ数年、10代の衣料品への消費は減り、消費の大部分は食費が占めている。

調査によると、消費の24%を食費が占めており、衣料品19%、車9%、アクセサリー・美容9%、靴8%、ビデオゲーム8%、電子機器7% と続く。残りは音楽や映画、イベントなどに費やされている。

以下のグラフは、食費と衣料品に関する10代の支出の変化を表したもの。

2. 10代が最も好むウェブサイトはアマゾンで43%を占める。2位のナイキは5%

3. 10代が最も好きなブランドはナイキ
所得レベルを問わず、ナイキが1番人気。アメリカン・イーグル、フォーエバー21、ルルレモン、アディダス、H&Mも人気。シューズブランドランキングではナイキのほか、Vans、アディダス、コンバース、スティーブ・マデン(Steve Madden)がランクイン。

その一方で、「時代遅れ」として人気が落ちている有名ブランドも。以下のリンク先では引き続き、10代の消費傾向をさまざまな角度から紹介しているので、ぜひご覧ください。

アメリカの10代に人気のチェーン店、7年連続首位のスターバックスがとうとうトップを奪われる | BUSINESS INSIDER JAPAN

Hayley Peterson(原文/訳:小池祐里佳)

元記事を読む

Lifehacker

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ブーストマガジンについて
ページトップ