注目のYoutubeショート動画。マーケティング活用のメリットとは

2023.10.20 17:00 更新

読了時間:4分

動画コンテンツはWeb上で欠かせないものとなりました。Youtubeにおいても数多くのチャンネルが存在し、競争が激化しています。WebマーケティングでYoutubeチャンネルを運用していても思うようにチャンネル登録者数や視聴数が伸びないという悩みを抱えている企業は少なくないでしょう。最近では、Youtubeショート動画が注目を集めています。今回はYoutubeショート動画のマーケティングでの活用メリットについて解説します。

YouTubeショート動画とは?

YouTubeショート動画は、YouTube内での短い動画(60秒以内)を配信できるサービスです。スマートフォンで誰でも簡単に作成、編集、投稿が可能。長尺の動画に比べて手軽に投稿でき、気軽に閲覧できるショート動画は、多くのユーザーからの支持を集め、企業のマーケティングでも取り入れられています。

YouTubeのショート動画とTikTokとの2つの違い

TikTokは主要なショート動画サービスで、Youtubeショート動画に先行して流行しました。TikTokとYouTubeのショート動画の主な違いは、大きく分けて2つあります。1つめは導線です。TikTokは専用のアプリをダウンロードし、アプリを開くと動画がフルスクリーンで動画が表示され、投稿者のフォローなどができます。YouTubeショート動画は、Youtubeのサイトまたはアプリ内でタブを切り替えることで視聴できます。 TikTokはアプリをダウンロードする必要がありますが、ショート動画はYoutubeのサイトおよびアプリ内から誘導がかけられているため、既にYoutubeで動画を見る週間のあるユーザーが参入しやすいというメリットがあります。

 もう1つの違いは、ユーザー層です。TikTokの利用者は比較的若い世代が多い傾向ですが、YouTubeの利用者層は幅広いという違いがあります。 若年層を中心に流行したTikTokの流れを受けて、YouTubeでもショート動画を閲覧できるようになったことで、ショート動画は幅広いユーザーへのアプローチが可能になったのです。

チャンネル運営者にとってYoutubeショート動画は大きなメリット

ショート動画のメリットの一つは投稿や視聴のしやすさですが、それだけでなく、既存のYoutubeチャンネル登録に繋げられる点も大きなメリットと言えます。 YouTubeの配信者にとって、チャンネル登録を増やすることは大きな意味があります。ショート動画を継続して投稿していると、気に入ったユーザーがチャンネル登録をしてくれるようになります。Youtubeチャンネルを運用しているのであれば、ショート動画を始めることには大きなメリットがあると言えるでしょう。 また、2023年2月より、YouTubeショートにおける広告収益の分配が開始されました。収益化対象になるためには条件がありますが、収益化対象となれば動画クリエイターに対して収益が分配されます。ショート動画は単にYoutubeチャンネル登録者数を増やすためだけでなく、マネタイズのひとつとしても取り入れる意義があるでしょう。

まとめ

Youtubeショート動画は、長尺の動画に比べて気軽に始められるだけでなく、既存のYoutubeチャンネルへの導線として有効です。また、幅広い年齢層のYoutubeユーザーに対してアピールできる点も魅力です。 なお、レコメンドウィジェット「とりもち」では、異なるドメイン間の誘導が可能です。そのため、自社WebサイトからYoutubeチャンネルへの導線を作ることができます。Youtubeチャンネル運用のメディア運用者様は是非一度お問い合わせください。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

圧縮、リサイズ以外にも?画像の最適化の具体的な方法をご紹介

2024.6.19 17:00

画像を最適化するとどんなメリットがある?具体的な4つのメリットをご紹介

2024.5.22 17:00

【PR】PostPetのポップアップストアが渋谷に登場!懐かしさと可愛さに癒され...

2024.4.22 16:00

ブーストマガジンについて
ページトップ