国土交通省の調査で明らかになった“若者の外出離れ”、その理由とは?

2017.11.26 18:07 更新

読了時間:1分16秒

若者の外出離れにスマホ普及が関与? 国交省の調査データに「お金と休日がないから」の声

国土交通省は21日、全国都市交通特性調査(2015年実施)に関する調査結果と集計データを公表。「20代男性、休日の外出が30年間で半減」と、見出しで若者の外出離れを強調しました。

年齢階層別にみた一日あたりの移動回数(※)では、20代若者の移動回数が年々減少し、今回の調査で70代と逆転。特に休日の20代男性は減少が顕著で、1987年比で移動回数が47%減。外出率も全年齢と比べて20代男性が低くなっていることが分かりました。

※移動回数は、自宅などから一度も外出しなければ0回、自宅と目的地などを往復すれば2回と集計。

「若者の外出離れにスマホ普及が関与? 国交省の調査データに「お金と休日がないから」の声」の続きを読む

getnews-logo


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

オウンドメディア運用における目的は?目的別の指標をおさえよう

2022.1.14 17:00

オウンドメディア運用にかかる費用はいくらくらい?必要なコストを洗い出そう

2021.12.24 17:00

オウンドメディア運用で失敗しないために運用体制を整えよう

2021.12.17 17:00

ブーストマガジンについて
ページトップ