【ドローンキーパーソンインタビューVol.15-4】株式会社FLIGHTS 峠下氏に聞く今後の事業展望

2017.11.17 14:07 更新

読了時間:2分7秒



株式会社FLIGHTS(フライト)代表取締役社長 峠下周平氏と女性パイロットの堀内亜弥氏にお話を伺う最終回。ドローン事業を立ち上げた経験から峠下氏が語るクライアントニーズや、ドローン業界全体を巻き込みながら描く展望に迫る。

株式会社FLIGHTS パイロットの堀内氏(左)、代表取締役社長の峠下氏(右)

田口 いろいろとお話を伺ってきましたが、FLIGHTSさんへの依頼内容としては、映像のプロフェッショナルからの空撮依頼が多いですか?

峠下 空撮より、運用代行、運用教習が最近かなりの割合を占めてきています。半分以上は測量の会社で、ドローンの自動操縦のやり方の講習ですね。他にはセミプロの方からの依頼として、スキーの撮影をしてほしいとか、自宅の屋根の上を撮影してほしいとか、そういうニッチなニーズの空撮代行も行っています。

田口 そういったクライアントから自分たちに求められていることは何だと思っていますか?

峠下 「実」を提供することだと思っています。

田口 「実」とは?

峠下 正しい価値を提供することです。僕らも反省していることがあるのですが、最初、ドローンオペレーターを募集したら約500人の方から応募があり、そのうち50人の方を認定オペレーターという形にしました。オペレーターではあったのですが50人もいる大きな空撮会社です、という見せ方をしていたのです。

「【ドローンキーパーソンインタビューVol.15-4】株式会社FLIGHTS 峠下氏に聞く今後の事業展望」の続きを読む

drone_owners


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ブーストマガジンについて
ページトップ