リーダー

チームを率いる際に意識したい3つの「C」

2017.5.17 22:07 更新

読了時間:4分26秒

マネジャーではなくリーダーになる3つの方法

リーダー

Inc.:小規模なビジネスのオーナーは、会社で多くの役割を担っています。その中でも、チームを率いるのが重要な役割の1つであることは間違いありません。

リーダーとしての資質が生まれつき備わっている人はそんなにいません。私は、社員の尊敬と信頼を得ることが、会社全体の成功と生産性にとって重要であることに気がつきました。それが、社員の労働倫理と経験にポジティブかつ継続的なインパクトを与え、さらに強力な結果へとつながるのです。

この記事では、私がリーダーとして大切にしている3つのCを紹介します。

1. Communication:コミュニケーション

できるだけ頻繁に顔を合わせ、「いいこと」「悪いこと」「最悪なこと」を聞くのが大切です。私も最初のころは、チームの皆の意見に耳を傾け、質問をしたものです。非常にシンプルなことながら、責任のある立場にいると見過ごしがちです。

私はいつも、自分はすべてを把握しているわけでも何でもなく、チームのメンバーから学びたい気持ちを示していました。真のリーダーは、知らないことは知らないという透明さが大切です。社員から学ぶ機会と考えましょう。それがオープンなコミュニケーションにつながり、ひいてはチームの信頼関係が構築されるのです。

2. Confidence:自信

リーダーたるもの、自分への自信はもちろん、チームの能力にも自信を持たなければなりません。私がリーダーの立場になったとき、チームメンバーには、私からやることの指示は出さないと伝えました。それよりも、彼らのほうから、やろうとしていることを教えてほしいと。そうすることで、彼らが持っているスキルを見せる機会を与えたかったのです。

メンバーには、自分のスキルへの自信を持ってもらうことが重要です。将来、メンバーのうちの何人かは、会社をうまく経営できる人材になるでしょう。無駄なアイデアなどないと伝え、チームの自信を高めることを何よりも優先してください。私がメンバーによく言うのは、必ずしも私と彼らが常に同じ方向を向いている必要はないということ。1日の終わりに、仕事がきちんと終わっていればそれでいいのです。

3. Commitment:コミットメント

私はチームにコミットしていますし、彼らも私にコミットしています。コンスタントにコミュニケーションを取り、お互い尊敬していれば、コミットメントは自然と生じるものです。それに私は、さまざまな働き方に対してオープンです。つまり、彼らにがちがちの期待をすることはしませんし、可能な限り柔軟なスケジュールを認めるようにしています。コミットメントとは、相手が仕事をうまくやってくれ、結果を出してくれると信頼することです。

まとめると、3つのCに共通するのは信頼と尊敬です。チームを信頼し、尊敬していれば、彼らも同じようにあなたを信頼し、尊敬してくれます。それが、より積極的かつ生産的な労働倫理をもたらすでしょう。

生産的なチームとは、会社の長期的成功を意味します。リーダーは、メンバーにとって最高の師であり、ロールモデルでもあります。モデルとしてチームに真似してもらいたい行動をし、メンバーの能力に自信を示し、コミュニケーションを止めないことで、真のリーダーになれるでしょう。

3 Ways to Be a Leader, Not a Manager | Inc.

Farmers Insurance(訳:堀込泰三)

元記事を読む

Lifehacker


関連記事

ChatWork代表から見るリーダーの資質

ああ、中間管理職…チーム作りに悩む忙しいリーダーに贈る「チームマネジメント」教材

米企業CEOのツイートから見る、上司のあるべき姿
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

リゾート地でテレワーク! 休み方改革を促進できるワーケーションとは?

2020.11.24 19:42

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

ページトップ