断線とおさらば!スマホ向けケーブル強化方法3選を実際にやってみた!

2018.1.3 22:07 更新

読了時間:6分39秒


スマホやノートパソコン等各種デバイス類と切っては切れない縁にある“充電ケーブル”。特にスマホ用のものは緊急時のためにカバンに2~3本放り込んでいるという方もいるのではないだろうか。

そんな充電ケーブルにありがちなことが“断線”。就寝前にケーブルを挿し、翌朝スマホを確認したらまさかの電池残量2%!なんて事態は誰でも経験があることではないだろうか。

そこで、本記事では今からできる充電ケーブル強化法と、それでも満足できないあなたに強化ケーブルをご紹介したいと思う。

①ケーブルにボールペンのばねを付けて補強する
Twitterなどで話題になっている手段がこれ。書けなくなったボールペンから“ばね”をとり出しケーブルにくるくると巻き付けるだけ。いらなくなったボールペンを使えばコストもゼロ円だ。とってもお手軽でおすすめ!と書きたかったが実際試してみた感想としては正直結構めんどうくさい。

途中経過

ばねをケーブルに絡ませるのに苦労した。思ったより時間が掛かるしお手軽にすぐできる!とは言いづらい。ちょっとばねの先端を指に刺して出血したし……。

手先が器用な人や先の細いペンチをお持ちの方にはお勧め出来ると思うが、器用さパラメータに自身がない人が素手オンリーで挑戦するのはやめたほうがいいかもしれない。

つけ終わったところ

だいぶ汚い仕上がりになってしまった。読者の皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいだが筆者の器用さではこれが限界だ。SNSではきれいに巻き付いていた写真がいくつもあったがあれを再現するのは困難だ。器用さを分けてほしい。

②プラスチックねんどで補強する

次に紹介するのはプラスチックねんどを使った強化法。柔らかくしたプラスチックねんどでケーブルの周りを補強する。コストはかかるがプラスチックねんどは100円均一ショップでも販売しているのでローコストで可能な方法であることは間違いない。

こちらも実験。今回使用するのはAmazonで購入したコチラ。1000円ほどで売っている。

こちらのプラスチックねんどを使用する。

お湯を入れるとすぐに透明になって成型可能になる。なかなか楽しい。コネコネと形を作りケーブルに巻き付けていく。ばねに比べれば10倍お手軽だ。ケガしないし。(※個人的感想です)

出来上がったのがこちら。

強化後の画像

あまりに不器用な仕上がりにこの企画を提案したことを若干後悔したがそれは秘密だ。

それはさておきカッチカチに固まるのでがっちり強化したい!という方にはお勧めできると思う。先端部分がホールドしやすくなるので抜き差しが楽にもなるのは意外な発見だった。

あとスマホケースに入れている人は要注意。ケースと接触する部分は余裕を見ておかないとケーブルが使用不可になる。

③ケーブル強化商品を使う
比較的手ごろに実行できる2点の次は見た目にこだわりたいあなたや手先が不器用なあなたに向けた方法。ケーブル強化グッズの導入だ。今回筆者が目を付けたのはその名も”CABLE BITE”。

それがこちら。
スマホに嚙みつくかわいいヤツ

動物の口から充電口が出てくる作りになっている。ものによってはオジサンが持つのに抵抗があるかもしれないが個人的には気に入っている。今後はこの愛犬が筆者のケーブルを守ってくれるであろう。ちなみにAmazonで購入。500円ほどだった。

装着はとっても簡単。フィギュアの下の面に切れ込みが入っているのでカパっと開いてケーブルにかけるだけ。バネを指にケガしたりお湯で熱い思いをすることもない。

ケーブルバイト底面

スマホに嚙みつくようになる。可愛いじゃないか。

ここで注意点を2つ。一つ目は厚目のケースを付けているとうまく嚙みつけずに干渉する点。ちなみに筆者はiphoneSEにiFaceというケースを付けて実験したがNGだった。

大きめのケースをご使用の方はかわいいペットをケーブルに宿すことはできないので要注意だ。

もう一つはケーブルだ。先端部分が多きいタイプのケーブルだとうまく付けることができない。CABLEBITEをかわいく宿すには純正ケーブルくらいのサイズを目安にして頂きたい。

ケーブルの先端が大きいとかわいくならないので注意

④更なるタフネスを求めるあなたへ

ライフスター画像

最後にご紹介するのがこちら。断線しにくさを謳ったケーブル“LifeStar/ライフスター”。
ケーブル本体をPUレザーとデニムでコーティングしてある一本。耐久力だけでなく汚れにも強い。ちなみにこちらは4000円ほどでちょっと高級。

さわり心地はサラサラとした質感で非常にしなやか。強化ケーブルとは言われなければ気付かないだろう。

余談だが筆者が数年前に“断線しにくい!と謳われたケーブルを購入したところ、ケーブル部分ではなく抜き差しする銀色の部分がスポン!と抜けておじゃんになったのを思い出した。皆様はどうかケーブルだから大丈夫だろうと油断をせずに保証書類を大切に保管して頂きたい。筆者はそれで3000円ほどを損した。

話をLifeStarに戻そう。デザインもデニムの雰囲気がでたおしゃれなものからシンプルなものまで様々なものがある。誰が使っても問題ないだろう。もちろんAppleが定める基準を満たしていることをディベロッパーが保証しているMFI認証もばっちりだ!

【動画】試しに実験してみた
https://youtu.be/Di61oqN-KRs

まとめ
という訳で今回は、ケーブルの断線を防ぐべく様々な強化法を紹介してきた。とっても手軽なものからぶら下がっても壊れないケーブルまであるので皆様のライフスタイルに合わせて強化法を選択していただければと思う

余談だが筆者のデスクにはCABLEBITEを宿したLifeStarが残った!ライトニングケーブルの規格変更まで断線せずにいてくれたらうれしい。

最強?のケーブルここに誕生

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ブーストマガジンについて
ページトップ