7インチ大画面と物理ボタンでより快適に! 「Kindle Oasis」レビュー

2017.11.11 08:07 更新

読了時間:2分30秒

お風呂で読めるようになった『Kindle Oasis』レビュー 7インチ大画面と物理ボタンが快適な読書体験をもたらす

Amazon.co.jp(以下Amazon)が10月末に出荷を開始した、電子書籍リーダー『Kindle』の最上位機種『Kindle Oasis』新モデルのレビューをお届けします。

『Kindle』シリーズ最大の7インチ、300ppiのディスプレーを搭載、シリーズで初めて防水機能を搭載した電子書籍リーダー。価格は、8GBモデルが3万3980円(税込み)、プライム会員は2万9980円(税込み)。32GBモデルが3万6980円(税込み)、プライム会員は3万2980円(税込み)。32GBの3G対応モデルが4万4980円(税込み)、プライム会員は4万980円(税込み)です。

パッケージの中身は、シンプルに本体とUSBケーブルのみ。前モデルはバッテリー内蔵カバーが付属しましたが、カバーは別売りになりました。

最薄部は前モデル同様3.4mmで、左右で厚さが異なるエルゴノミックデザインを採用。厚いグリップ部分を左右どちらの手で持っても、画面が自動で回転して表示方向を調整してくれます。背面はアルミニウムを採用し、質感のある手触りが印象に残ります。

起動後は言語を選択してWi-Fiに接続、Amazonアカウントでログイン後、機能制限などを設定すると、使い方、ホーム画面が表示されセットアップ完了。

300ppiのディスプレーで表示する文字は視認性良好。前モデルの6インチから7インチにディスプレーが大型化したことにより、前モデルと比べて30%多く文字を表示可能になったほか、LEDライトが前モデルの10個から12個に増え、より均一な明るさの画面になっています。

「お風呂で読めるようになった『Kindle Oasis』レビュー 7インチ大画面と物理ボタンが快適な読書体験をもたらす」の続きを読む

getnews-logo


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ