仕事中でもいい波が来たらサーフィンに行ってOK! パタゴニアの社内制度がとにかくスゴい

2017.11.8 22:07 更新

読了時間:6分9秒

パタゴニアはなぜ「超楽しいのにブランド力が高い企業」なのか?

仕事中でもサーフィンに行きたい!

パタゴニアでは各社員が自分の判断で、たとえ平日の勤務時間中であろうとサーフィンやサイクリング、クライミングなどのレジャーに繰り出して良いことになっています。

こんなある意味「ふざけた」働き方をしているにもかかわらず、同社のブランド力はアウトドア専門品業界の中でトップクラス。この一見矛盾する状況が実は全く矛盾するものでないことを、パタゴニア創業者の著書『[新版]社員をサーフィンに行かせよう パタゴニア経営のすべて』が明らかにしています。

以下では同書を参考にパタゴニアはなぜ「超楽しいのにブランド力が高い企業」なのかの解説を通じて、同社の経営や働き方の哲学を個人の生き方として実践する視点を提案します。

「サーフィンに行かせる」企業だから

●遊びを我慢しない人たちの働き方

パタゴニアの最もキャッチーで特徴的な制度といえば、やはり「勤務時間中でもいい波がくればサーフィンに行っても構わない」という非常に柔軟なフレックスタイム制度にあります。

しかしこれは単に社員に気楽に働いてもらおうというものではなく、パタゴニアの革新性を作り上げている重要な要素である社員間の強い信頼関係が前提になった働き方なのです。

「勤務時間中でもいい波がくればサーフィンに行っても構わない」というのは「仕事を放り出して遊んでも構わない」という意味ではありません。

これはあくまできっちり自分の分の仕事を終えているか、あるいは自分がいなくなっても問題ない程度にチーム内で仕事を共有したうえで、「勤務時間中でもいい波がくればサーフィンに行っても構わない」という意味です。

この前提を満たすためには、自分の仕事がどこからどこまでなのかを把握し、それを適切に処理する責任感と、自分が遊びに行きたい時間に遊びに行けるよう仕事をこなす効率性が必要不可欠です。

また、「いい波が来た」「いい雪が降った」という自然現象にすぐさま対応できるようなフレキシブルな働き方も要求されますし、遊びに行くことをチームのメンバーが受け入れてくれるような関係を作る協調性も必要です。

普通のサラリーマンのように働くだけであれば、勤務時間中に遊びに行くのを我慢するだけで済みますが、パタゴニアの社員はそれを我慢しない代わりに自分の仕事を徹底的に最適化しておく努力をしているのです。

●社員間の信用が作るブランド力

“フレックスタイム制度を悪用する社員もいるかもしれないが、優秀な社員はみな、そういう制度を設けるくらい社員を信用してくれる職場でなければ働きたくないと思っている。 引用:前掲書p280”

パタゴニアには組織と個人の間に強固な信用関係が成立しています。仮に社員が信用できなければ、勤務時間中にサーフィンに出かける社員を見た経営者は仕事をサボっているのではないかと気が気ではなくなります。

だから一般的な経営者は勤務時間中は社員を拘束することで、心の平穏を保っているわけです。しかし能力が高い人ほど、自分を信用し、任せてくれる経営者を求めています。

『社員をサーフィンに行かせよう』にはTシャツにサーフパンツの格好で、机の上に両足を乗せてパソコンを操作している男性社員の写真が掲載されています。こんな仕事の仕方をしていても、「彼はきちんと結果を出す男だ」という信用があれば、何も咎める必要はありません。

結果とは本来因果関係のない服装や勤務態度に目くじらをたてるのは、経営者に社員を信用する度量がないからか、もしくは社員に能力が足りないからのどちらかです。

経営者の度量と社員の能力が揃い、かつその社員がのびのびと働ける制度を整えているからこそ、パタゴニアの組織は自律的に機能しています。それが改善と革新を生み、「パタゴニア」というブランドを維持しているのです。

「生きることの達人」を受け入れているから

●「生きることの達人」は公私を混同する

“我々は、自分たちがデザインし、作り、販売している製品をみずから使いたいと考えている。だから、仕事の成果が自分にはね返る。引用:前掲書p262”

創業者のイヴォン・シュイナードさんは、著書の中でイギリスの教育者であり哲学者でもあったL・P・ジャックスの「生きることの達人」についての言葉を引いています。生きることの達人とは仕事と遊びを切り分けず、どのような場面でもただひたすら最高を目指す人を指します。

パタゴニアの採用の第1原則は「パタゴニアの製品が大好きでよく買う人」(前掲書p262)。つまりプライベート(遊び)の場面でもパタゴニアを愛し、仕事にしてしまいたいと思う人です。これはすなわち「生きることの達人」といえます。

しかし世間一般では「仕事と遊びを切り分けない」という良い意味の公私混同ではなく、「プライベートを仕事の犠牲にする」「仕事のためなら遊ぶも我慢する」といった悪い意味の公私混同が奨励されがちです。

逆に生きることの達人のように仕事をしているんだか、遊んでいるんだかわからない人というのは「得体の知れない人」「怪しい人」として敬遠されてしまいます。パタゴニアは普通敬遠されてしまうようなこの「生きることの達人」を積極的に受け入れ、活用しているからこそ他のブランドとは違う地位を確立したのです。

「パタゴニアはなぜ「超楽しいのにブランド力が高い企業」なのか?」の続きを読む

careersapli

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

【本格・簡単!】専門店のミックススパイスでカレーを作ってみた

2020.3.19 12:07

ページトップ