繰り返し読む価値のある「ビジネス名著」選りすぐり20冊

2017.8.3 17:07 更新

読了時間:6分34秒

ずっと手元において、繰り返し読む価値があるビジネス名著20選

いい本を何度も読もう

日本の出版業界では毎年おびただしい量のビジネス書が出版されています。しかしその全てが値段相応の価値がある本というわけではありません。そして同時に中には一冊で何十冊、何百冊の価値があるビジネス書もあります。

ここではそんな繰り返し何度も読みたいビジネス書を紹介します。ツール的な使い方ができる本や、仕事や人生が行き詰まったとき、逆にうまく行きすぎているときに開いて読みたい本など、選りすぐりの二十冊となっています。

数百冊の価値がある二十冊のビジネス書

1.『確率思考の戦略論: USJでも実証された数学マーケティングの力』

著:森岡毅、今西聖貴

画像出典:Amazon

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのV字回復を実現し、使命を果たしたとして2017年1月末に株式会社ユー・エス・ジェイを退社した森岡氏と、森岡氏が同社再建のために呼び寄せた元P&Gの今西氏による共著。

2人はこの本の中で、USJをV字回復させる際に用いた独自のマーケティング理論とケーススタディー、そして理論を実践に移すときの心構えや苦悩についてたっぷり描いています。

マーケティングの教科書としての役割だけでなく、「マーケティングとは『理論を実践に移すときの心構えや苦悩』も含めてマーケティングなのだ」という、日本を代表するマーケターの哲学を学ぶ本としても、この本は必読です。巻末には全体の約6分の1のページ数を割いた数学モデルの説明付き。

2.『ザ・コピーライティング: 心の琴線にふれる言葉の法則』

著:ジョン・ケープルズ 監訳:神田昌典 訳:齋藤慎子、依田卓巳

画像出典:Amazon

アメリカの広告業界で58年間もトップコピーライターとして君臨したジョン・ケープルズの著書であり、監訳者の神田氏が「私のマーケッターとしての実績の大半は、本書に書かれている言葉を自分なりに工夫することで、得られたのだ」と「監訳者はじめに」で記すほどの本。

本書では著者が自身のコピーライティング業の中で実際にテストを繰り返した結果、科学的に収益を生むことが検証された「言葉の技術」が数多く登場します。またケープルズ氏が説くコピーライティングの基本哲学についても、学ぶところが無数にあります。言葉や文章を使って何かしらの仕事をする人は必読の書です。

3.『ウォートン流 人生のすべてにおいてもっとトクをする新しい交渉術』

著:スチュアート・ダイアモンド 訳:櫻井祐子

画像出典:Amazon

著者のスチュアート・ダイアモンドはペンシルベニア大学ウォートン・ビジネススクールで高い人気を誇る講義を担当し、グーグル、マイクロソフト、世界銀行を顧客にしている人物。本書はそんなダイアモンド氏が、ウォートン・ビジネススクールでの講義をベースに交渉の極意について記した本です。

本書では国際紛争解決という大きな交渉ごとから配偶者との家事の分担という小さな交渉ごとまで、全て同じ交渉術が役に立つとしています。つまりはこれ一冊であらゆる交渉ごとを自分に有利に進める技術が身につくというわけ。ビジネスシーンはもちろん、プライベートにも大きなメリットのある一冊です。

4.『改訂3版 グロービスMBAクリティカル・シンキング (グロービスMBAシリーズ)』

著:グロービス経営大学院

画像出典:Amazon

数多くの著名なビジネスパーソンを輩出しているグロービス経営大学院が、定番テキストとして用いている一冊。タイトルではクリティカル・シンキング(批判的思考)とありますが、中身はその基礎となるロジカル・シンキング(論理的思考)を基礎の部分から丁寧に解説したものです。

論理構造の作り方、演繹法と帰納法を使った論理展開の基礎、状況分析や因果関係の分析方法などが順を追って解説されています。私たちは油断するとつい「経験」や「勘」を過信して論理の飛躍を起こしがち。そんな自分への戒めのために、何度でも読んで頭に染み込ませたい本です。

5.『シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは』

著:ジョセフ・シュガーマン、佐藤 昌弘 訳:石原 薫

画像出典:Amazon

アメリカの伝説的マーケターであるシュガーマン氏が著した本書は、ダイレクトマーケティングの世界で数多くの成功を収めた彼が実践してきた顧客心理の30の法則について解説したものです。

「権威」「帰属欲求」「収集欲求」「罪悪感」など言葉はシンプルですが、どれもマーケティングにおいて不可欠な概念ばかりです。

何度も読んで頭の中に叩き込むもよし、顧客心理を考える際のツールとして手元に置いておくもよし。モノ・サービスを売る全てのビジネスパーソン必読必携の一冊です。

「ずっと手元において、繰り返し読む価値があるビジネス名著20選」の続きを読む

careersapli


  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • ブーストマガジンをフォローする
  • ブーストマガジンをフォローする

同じカテゴリのおすすめ記事

新着記事

リゾート地でテレワーク! 休み方改革を促進できるワーケーションとは?

2020.11.24 19:42

ダイエットの強い味方、イオンのスモークチーズがめちゃウマな件

2020.3.19 17:26

新生活スタート。社内外のコミュニケーションを円滑にするちょっとしたアイテム

2020.3.19 15:54

ページトップ